観光

【薬王禅寺】(やくおうぜんじ )大阪府八尾市

【薬王禅寺】(やくおうぜんじ )大阪府八尾市

八尾市郡川に「天王社」(てんのうしゃ)があります。坂の脇道を通り雑木に囲まれていて分かり難い静寂な雰囲気の場所に鎮座しています。この社の横に【薬王禅寺】(やくおうぜんじ )があります。

境内には案内板があり、次のように書かれてあります。

「このお堂には、中央に薬師如来、右に不動明王、左に弘法大師坐像、賓頭盧(びんずる)さんがおまつりしてあります。今を去る三百有余年昔、郡川山麓のこの地に高雄山薬王寺に奉安されていた薬師如来、並びに不動明王は霊験顕著なること古老の言い伝えがあり、遠近の男女の信仰すこぶる盛んでありました。しかし悲しいかな明治維新直後、無住となり、寺は荒れ、混乱の中、土地も人手に渡り、やがて廃寺となってしまいました。それ以来、本尊薬師如来、不動明王の尊像は、止むおえず一時、常楽寺境内に於いて仮奉安されましたが、わずかに雨露をしのぐ実状でありました。時移り昭和十五年、はからずも当時郡川に住んでおられた植田安太郎氏がある夜、不思議にも薬師如来の霊夢をこうむり、御子息の正治氏(現在、静岡県沼津市在住)と共に薬王寺の復興に専心されました。また時同じくして、当時この土地の所有者であった大阪市の田中新右衛門氏も薬師如来の霊夢をこうむり、篤信により、土地の一部を堂宇建設敷地として寄附を申し出られ、村民有志相謀り再建の念願を達成しようとしました。しかし時があたかも戦雲急をつげ為に涙を呑んでお堂の建設を見送らざるを得ぬ状態になりました。戦後十年、時世も落ち着き、平和の日を取り戻すと、薬王寺復興の時機も愈愈熟そうとし、檀信徒の長年の思いが念願成就されたものであります。薬王寺薬師如来、不動明王を帰依し以て薬師如来の身心安楽と併せて不動明王の阿字の本体に浴し、現在に至っております。」

所在地:大阪府八尾市郡川6丁目

アクセス:近鉄「信貴山口」駅又は「服部川」駅から徒歩約13分

広告
観光

【開口神社】(あぐちじんじゃ)大阪府堺市堺区

【開口神社】(あぐちじんじゃ)大阪府堺市堺区

通称「大寺」(おおてら)。地元では「大寺さん」とよばれ親しまれている。堺南組(大小路以南)の氏神社。式内社で、旧社格は府社。祭神;塩土老翁神(しおつちのおじのかみ)、素盞嗚神(すさのおのかみ)、生国魂神(いくくにたまのかみ)を祀る。塩土老翁神は住吉大社の住吉三神を一つにして神徳を現した神とされ、「住吉の奥の院」と呼ばれる。社伝には、神功皇后の三韓征伐の帰途、この地に塩土老翁神を祀るべしとの勅願により創建されたと伝える。 また延喜式神名帳に和泉国大鳥郡24座のうちの一社として記載されていて、この延喜式神名帳では「開口」を「アキクチ」と読ませている。この「アキクチ」が訛って「アグチ」となって現在に至る。摂津の住吉神社と古くから関係が深く、731年(天平3年)の記録では「開口水門姫(あきぐちみなとひめ)神社」と書かれている。

所在地:大阪府堺市堺区甲斐町東2丁1-29

アクセス:南海高野線「堺東駅」より南海バス「大寺北門山之口前バス停」で下車。
南海線「堺駅」より南海バス「大寺南門山之口前バス停」で下車。

観光

【神明神社】(じんめいじんじゃ)大阪府堺市

【神明神社】(じんめいじんじゃ)大阪府堺市

【神明神社】(じんめいじんじゃ)は、大阪府堺市栄橋町2丁に所在する神社。天照大御神、豊受大御神を主祭神とし、稲荷明神等を摂社とした神社です。
大和川の流れが変更され江戸時代は堺港はその土砂の堆積に悩まされ修築と浚渫の歴史を繰り返しました。 天保年間堺港付近の海・河川の浚渫、架橋工事によって港が整備されました。 文政4年佐々木長門が宇迦之御魂神(稲荷)、住𠮷大神、金山彦大神を祀り旭神社としました。その後新たに堺奉行水野若狭守の命により天照大御神、豊受大御神を主祭神として宇迦之御魂神(稲荷)、住𠮷大神、金山彦大神を摂社として旭神社改め【神明神社】(じんめいじんじゃ)としました。

そもそも「神明神社」とは、天照大神を主祭神とし、伊勢神宮内宮(三重県伊勢市)を総本社とする神社です。神明社(しんめいしゃ)、皇大神社(こうたいじんじゃ)、天祖神社(てんそじんじゃ)、または、「お伊勢さん」と呼ばれる事もあります。堺市栄橋町の【神明神社】(じんめいじんじゃ)は「堺のお伊勢さん」と呼ばれています。

住所: 大阪府堺市堺区栄橋町2-1-22

アクセス:南海本線「堺駅」 から徒歩約3分(223m)

観光

【白龍大神】(はくりゅうだいじん)「龍神堂」大阪府堺市

【白龍大神】(はくりゅうだいじん)「龍神堂」大阪府堺市

由緒について「天明6年(1786)、人々は港の土砂除去を出羽庄内善宝寺の龍神尊に頼り、37日間の祈祷の後、経文を石に刻んで海中に埋めました。天保のころになってその部分が深くなり港は繁栄を取り戻したと伝えられています。龍神堂はこの時建立されました。 」

住所:大阪府堺市栄橋長2-4
アクセス:南海本線「堺駅」より徒歩約5分
「神命神社(じんめいじんじゃ)」が近くにあります。

観光

【高崎神社】(たかさきじんじゃ)大阪市住之江区

【高崎神社】(たかさきじんじゃ)大阪市住之江区

由緒について;宝暦五年(1755年)初代加賀屋甚兵衛氏が産土神の水分神を勧請して 大和川河口に祭り、天保八年(1837年)現地に移築して同時に天照大神、柿本人丸大神を合祀したと言う社伝では、天保十年(1839年)創建された。当地一円の開拓者、三代目加賀屋甚兵衛氏の埋立工事が、洪水・高潮に度々阻害され其の加護を祈願して、自身生国の氏神水分社の御分霊を祠官松原若狭守により勧請祭祀され、高崎宮と称し、五穀豊穣・縁結び・ 学問の神として尊拝されています。

住所:大阪府大阪市住之江区南加賀屋4丁目15-3

大阪市営地下鉄四つ橋線「住之江公園駅」 から徒歩約10分(819m)

観光

【高砂神社】 (たかさごじんじゃ) 大阪市住之江区

【高砂神社】 (たかさごじんじゃ) 大阪市住之江区

元文2年(1737年)、北島新田開墾に際して加賀屋甚兵衛により創建された。新田開発者は例外なく鎮守の神社を建てたもので甚兵衛は出身地である河内国石川郡喜志村(富田林市)の産土神、水分神(みくまりのかみ)を勧請した。天保6年(1835年)に本殿が焼失したが、同10年再建された。祭神は水分神・人丸神・住吉大神の三柱で境内には、保食神と菅原道真、金山彦大神を祀る末社がある。

住所:大阪府大阪市住之江区北島3-14-12

アクセス:地下鉄「住之江公園駅」より東南へ徒歩約15分

観光

【止止呂支比売命神社】(とどろきひめのみことじんじゃ)大阪市住吉区

【止止呂支比売命神社】(とどろきひめのみことじんじゃ)大阪市住吉区

御祭神は「素戔嗚尊、稲田姫尊」。摂社に霰松原荒神社・天水分豊浦命神社(式内社)三宝荒神(天水分命、奥津彦命、奥津姫命)、大国主命、事代主命。
由緒について創建年代は不明。しかしながら、社名の由来は境内にあったとされる轟池に架かっていた「トドロキ」という橋に由来しており、古くは住吉大社の摂社(奥の院)として奉斎されていたそうです。承久3年(1221年)、後鳥羽天皇が当社境内松林内に行宮を立てて以降、若松宮あるいは若松神社と言われています。それ以前は、住吉大社の摂社(奥の院)とされていました。

所在地:大阪府大阪市住吉区沢之町1-10-4

アクセス:南海高野線「沢ノ町」駅より徒歩約1分

観光

【中臣須牟地神社】(なかとみすむちじんじゃ) 大阪市東住吉区

【中臣須牟地神社】(なかとみすむちじんじゃ) 大阪市東住吉区

この神社は近鉄南大阪線「矢田駅」より東南東約600m、徒歩約12分のところに鎮座しています。南側に入口があるのですが「開かずの門」になっており、参道の入口は南西のところにあります。境内には左側に手水舎、参道右側には大楠を祀る楠神社、社殿左奥には境内社が祀られています。

由緒について 「延喜式内の古社であって、三の宮と称され、遠く二千年前の御創建である。 御祭神は、主神(神産霊大神、手力雄命、天児屋根命)、相殿(天日鷲命、大己貴命 、宇賀魂命)、追祀(少名彦命、素盞嗚命、住吉大神)である。 本社は古来酒造の祖神として将又医薬の祖神として衆庶の信仰厚く、又文武両道の守 護神として御神徳顕著であった。 社領は住吉大社二万二千石の中の三百七十五石余りであったが、社領減地の節没収さ れたと記されている。 本社殿は慶長年間、兵火にかかったが豊臣の浪人であった多賀谷氏、秦氏、小山氏、 岡田氏等の協力のもと再建し、元和四年八月二十一日、遷座の式が挙げられ、この日 を祭典の日と定められている。 元文元年九月、徳川幕府は本社および多米神社の廃滅に瀕せしを憂い幕吏菅廣房に命 じ「神須牟地社」「多米社」と刻せる石碑二基を双方の地に建立せしめられ、今尚現 存している。境外末社多米神社は多米連の建てた神社と言われ、延喜式内の旧い社で 、別名を「苗見神社」とも「種貸神社」とも言われ、又「鎮座の社」「苗見の森」「 種貸の森」又はただ「明神さま」とも唱えられ浪速名所の一つに数えられていたので ある。多米神社の御祭神は宇賀魂命、神稚魂神、保食神とされている。境内末社農神 社は農耕の神として農民の尊敬厚く、今の長居墓地東北百米の三つの池の中央に土塀 をめぐらし一本の松の木の下に社があったのである。農神社の御祭神は大己貴命。」

住所:大阪市東住吉区住道矢田二丁目9

アクセス:近鉄南大阪線「矢田駅」より徒歩約12分