【大聖観音寺】(だいしょうかんのんじ)『あびこ観音』 大阪市住吉区我孫子

【大聖観音寺】(だいしょうかんのんじ)は、大阪市住吉区にある日本最古の観音菩薩の寺院。観音宗総本山。通称あびこ観音。西門付近の石柱は吾彦観音寺の表記となっている。あびこの名は、この地の豪族、依網吾彦(よさみのあびこ)に由来するといわれる。

百済と交易をしていた依網吾彦の一族が百済の聖明王から一寸八分の観音像を贈られ、欽明天皇7年(546年)にこの地の人々がその像を祀る堂を立てた。そして、推古天皇14年(607年)に聖徳太子がその観音像を祀る観音寺を建立したとされる。

慶長20年(1615年)の大坂夏の陣の際には、真田信繁の攻撃を受けて逃げてきた徳川家康をかくまったという。江戸時代には最盛期を迎え、塔頭寺院が36を数えるに至った。

1881年(明治14年)、火災に遭い、多くの寺宝と共に焼失したが、1890年(明治23年)に再建し、復興を果たした。

1947年(昭和22年)5月18日、真言宗山階派より独立し、観音宗を設立した。

所在地 :大阪府大阪市住吉区我孫子4-1-20

アクセス:
御堂筋線あびこ駅から徒歩3分
JR阪和線我孫子町駅から徒歩5分

■ 記事作成 【阪本研究所】SK laboratory


代表 Kazuyoshi Sakamoto

Email : kazuyoshi.sakamoto10000@gmail.com

 https://kazuyoshi10000.wixsite.com/kazu1000

https://note.com/kazu10000/n/n51efac07cadf

https://note.com/kazu10000/n/n907e719cecc5

https://note.com/kazu10000/n/ne8a908889233

【長尾の滝】2/2(天龍院・八大龍王尊)東大阪市山手町

天龍院は、明治四十年頃、不治の病に冒された大阪の商人(あきんど)谷坂光栄氏によって建立された寺院です。

谷坂氏は、この地にある長尾の滝に籠もって病気平癒を祈願。すると、不治の病の筈の病魔を克服。これを感謝し、八大龍王を本尊として天龍院が建立されました。

『八大龍王は水神・仏法の守護神・福徳神』

天龍八部衆に所属する竜族の八王。法華経に登場し、仏法を守護します。 霊鷲山にて十六羅漢を始め、諸天、諸菩薩と共に、水中の主である八大竜王も幾千万億の眷属の竜達とともに釈迦の教えに耳を傾けました。釈迦は「妙法蓮華経」の第二十五 観世音菩薩普門品に遺されているように「観音菩薩の御働き」を説きました。

また、八大龍王は、水神として祀られ、雨を降らせるなどのご利益があり、
仏教世界では仏法の守護神として、仏様、仏教の教えを守護する神様と言われます。

雨を降らせるご利益の他、

商売繁盛
富貴栄達
出世
勝運
除災招福
恋愛成就
五穀豊穣
などがあります。












































【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)東大阪市山手町
【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)東大阪市山手町
【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)東大阪市山手町
【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)東大阪市山手町

『生駒の神々』

【長尾の滝】1/2(天龍院・八大龍王尊)東大阪市山手町

【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)東大阪市山手町

💫長尾の滝への行き方

近鉄奈良線の額田駅から約40分。東大阪市の枚岡公園(近鉄枚岡駅で下車)からだと生駒山方面にハイキングコースがあります。

枚岡公園を左手に進むと「長尾の滝→」の看板があり徒歩約30分です。今回は額田駅で下車し山へ向かって急な坂を登って行きます。

道に沿って左側に川が見えてきて、その川沿いに「大石明神」があります。

その道を上がっていくと右側に「信貞寺」があり、次に左側に不動寺が見えてきます。

その奥に石の階段があり、そこを登って右へまた歩いていきます。

右側に【長尾の滝】の看板があります。

それから右側に地蔵院が見えてきたら、そこを右へ曲がって道なりに上って行きます。

しばらくすると山道になり、お地蔵様や廃墟などが見えてきます。

「一願成就不動王」が右側に見えたら『長尾の滝』はもうすぐです。

最初に見えるのが『長尾の滝』(雌滝)です。

行者修行用の滝と思われますが、上部の樋から流れ落ちて滝修行も行なえるようです。

このすぐ上に雄滝があり「天龍院」があります。

天龍院は、明治四十年頃、不治の病に冒された大阪の商人(あきんど)谷坂光栄氏によって建立された寺院です。

谷坂氏は、この地にある長尾の滝に籠もって病気平癒を祈願。すると、不治の病の筈の病魔を克服。これを感謝し、八大龍王を本尊として天龍院が建立されました。

『八大龍王は水神・仏法の守護神・福徳神』

天龍八部衆に所属する竜族の八王。法華経に登場し、仏法を守護します。 霊鷲山にて十六羅漢を始め、諸天、諸菩薩と共に、水中の主である八大竜王も幾千万億の眷属の竜達とともに釈迦の教えに耳を傾けました。釈迦は「妙法蓮華経」の第二十五 観世音菩薩普門品に遺されているように「観音菩薩の御働き」を説きました。

また、八大龍王は、水神として祀られ、雨を降らせるなどのご利益があり、
仏教世界では仏法の守護神として、仏様、仏教の教えを守護する神様と言われます。

雨を降らせるご利益の他、

商売繁盛
富貴栄達
出世
勝運
除災招福
恋愛成就
五穀豊穣
などがあります。

【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)大阪府東大阪市
【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)大阪府東大阪市
【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)大阪府東大阪市
【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)大阪府東大阪市
【長尾の滝】(天龍院・八大龍王尊)大阪府東大阪市

【都留美嶌神社】(つるみじまじんじゃ)大阪府八尾市

【都留美嶌神社】(つるみじまじんじゃ)は,近鉄(大阪線)恩智駅の南800メートルに鎮座する。 社地の背後に玉串川(旧大和川)が流れています。

 創立の経緯や祭神も不明であるが,『延喜式』(神名帳)の「都留美嶋神社」(河内國若江郡二十二座の一)に比定される古社です。 

いくつかの資料によると,当社はかつては別の場所にあり,それは地名の由来でもある「都塚」と呼ばれる丘の上に鎮座したとされます。

近鉄(大阪線)恩智駅から南に歩いて数分ですが、周りは木に囲まれていますので社は見えません。この神社を見つけるのは難しいと思います。

住所:大阪府八尾市都塚3丁目5

アクセス:近鉄恩智駅から徒歩約10分

以前来たときと比べて、神社周辺には住宅がたくさん立ち並び、雰囲気が変化しています。

都塚について

河内志に「荒墳五有都塚村有祗園塚、弁財天塚等号」などとある。都留美島神社の地を都塚、西方田圃中の塚を弁財天塚、北方村の入り口を大塚融心寺内の塚を祇園塚と呼んでいる。古く10塚あったので、なまって都塚となったともいう。古瓦片が多い。神社は式内社で、もと南方にあったのを、ここに移したものと伝える。

「弁財天塚」👇

「融心寺」👇

「大塚」👇

近鉄「恩智」駅より南西(外環状線左右)に4カ所の塚がある。

田中楠之助の碑と【鐸比古鐸比賣】の分社 / 大阪府柏原市法善寺

近鉄大阪線 法善寺駅から西へ徒歩約3分のところに「壷井寺」があります。そしてそのすぐ近くに田中楠之助の碑と「鐸比古鐸比賣神社」の分社があります。一見、公園のように思えます。
御祭神は鐸比古命。鐸比古命は垂仁天皇の子です。

場所:大阪府柏原市法善寺1丁目9−6

鐸比古鐸比賣神社は、近鉄大阪線堅下駅から東へ約700mの高尾山麓にあります。

法善寺村(柏原町と合併する前の中河内郡堅下村の事)の男性。
天誅組の変に参加し、禁門の変で斬刑に処せられてしまったそうです。
明治維新後に新政府から従5位を贈られて村の有志が碑を建てたそうです。

詳しくは柏原市のホームページ、柏原と明治維新の「天誅組と新選組」に書かれています👇


日露戦争の記念碑と、その隣の石灯籠には「金毘羅大権現」と書かれています。

この社が「鐸比古神社」の分社

【壺井寺】(つぼいでら) 大阪府柏原市法善寺

【壺井寺】(つぼいでら)は、大阪府柏原市法善寺にある融通念仏宗の仏教寺院。山号は「護法山」。平安時代にこの地に法善寺の地名の由来とされる「法禅寺」と呼ばれた寺院があったが、天授年間(1375年~1381年)の兵火により焼失し、その後当山が再建されたと伝わっている。

大念仏寺に伝わる文書「大念仏寺四十五代記録并末寺帳」によると、1617年(元和三年)に道念が創建したと記されている。当初は浄福寺と称したが、後に現在の寺名に改められた。

観音堂本尊の銅造菩薩立像(像高19.9cm)は別名「避雷観音」といい、飛鳥時代後期に作られた金銅仏である。鍍金が施されていたが兵火に遇い剥がれ落ちている。かつての法禅寺の境内にあった壺のような形の井戸の上に祀られていたものと伝わっており、現在の寺号の由来とされている。

現在の本堂は1887年(明治20年)に再建されたもの。現在の松原市にあった永興寺(廃寺)の本堂を移築したものである。

所在地: 大阪府柏原市法善寺1-10-20

アクセス:近鉄大阪線 法善寺駅から西へ徒歩約3分、又は
国道25号線 本郷橋交差点から東へ約400m

近鉄大阪線 法善寺駅の西側にこのお寺が管理する【東口地蔵尊】があります👇

【東口地蔵尊】『十三仏板碑』 大阪府柏原市法善寺

近鉄法善寺駅の西側に【東口地蔵尊】のお堂があります。堂内に「十三仏板碑」が祀られています。

十三仏板碑は全体が舟形につくられ、上端が僅かに前傾しています。

下段右の不動明王から最上段の虚空蔵菩薩が、他の地域でも良く見かけます三列四段に浮彫され「法善寺村 施主八十人」と寛文四年(1664)の年号が刻まれています。

堂前には柏原市の設置した説明板があり、そこには江戸時代初期の法善寺村の人々の信仰や生活を伝える石造物と記されています。堂前にはお百度石も置かれています。

この【東口地蔵尊】はここから西へ行ったところにある「壺井寺」が管理されているようです。

【田島神社】(たしまじんじゃ)大阪市生野区 ・「眼鏡レンズ発祥之地」の石碑

【田島神社】(たしまじんじゃ)大阪市生野区

由緒について; 古い記録は洪水などで紛失していますが、残った石灯籠などに刻まれた文言によれば、少なくとも貞享元(1684)年にはすでに神社があったことがわかります。

その頃、菅原大神を主神とし、事代主命(ことしろぬしのみこと)・八幡大神を相殿として天満宮といわれていました。

寛政4(1792)年には、少彦名命(すくなひこなのみこと)を主神として天神社といわれ、明治42(1909)年に現社号の田島神社と改称しました。 

「眼鏡レンズ発祥之地」の石碑があります。

眼鏡レンズ発祥之地
 わが国の眼鏡レンズ発祥 之地は, 生野田島町であり ます。安政四年始祖石田大 治郎翁がレンズ研磨を手工 業として当地に伝え, 農家 の副業とし, 明治時代を経 て来ました。大正五年本格 的生産に乗り出し生産高五 十万ダースの規模となり, 昭和十年には, わが国眼鏡 レンズ産地を確立しました。 貿易も始まり戦時重要統 制産業組合を経て, 昭和二 十六年大阪眼鏡レンズ製造 工業協同組合を創立し, 医 療用具レンズの生産地とし て各国に輸出し, 昭和五十 年出荷額百七十二億円に達 し隆盛を極めました。ここ に百三十五年の歴史と産業 の礎を記念し新たなる決意 を後世に伝えます。

平成四年十一月吉日

大阪眼鏡レンズ
製造工業協同組合

貿易も始まり戦時重要統制産業組合を経て、昭和二十六年大阪眼鏡レンズ製造工業組合を創立し、医療用具レンズの生産地として各国に輸出し、昭和五十年出荷額百七十二億円に達し、隆昌を極めました。ここに百三十五年の歴史と産業の礎を記念し新たなる決意を後世に伝えます。

住所:大阪市生野区田島3-5-34

【御幸森天神宮】(みゆきのもりてんじんぐう)と【コリアンタウン】GOTOトラベル

【御幸森天神宮】(みゆきのもりてんじんぐう)は、大阪府大阪市生野区(旧摂津国東生郡猪飼野村)にある神社。 仁徳天皇、少彦名命、忍坂彦命を祀る、猪飼野村の氏神である。

御幸森天神宮のある地域は古くから猪飼野(いかいの)と呼ばれ、猪甘津(いかいのつ)と呼ばれる古代の港があったことに由来する。

猪甘津は日本書紀仁徳天皇十四年の条に記され、猪甘部(いかいべ)と呼ばれる官職を務める者が住んでいた。猪甘部は朝廷への貢物として豚を飼育する役を司っていた。また付近は百済野と呼ばれ百済からの渡来人が多く住んでいた。

水鳥が集まる景勝地であったとも伝えられている。この神社の横は【コリアンタウン】の入口です。

住所:大阪府大阪市生野区桃谷3丁目10−5

アクセス:近鉄鶴橋駅の東口から徒歩約10分。

 鶴橋の町名の由来となる「つるの橋」は、往時この辺りに鶴が多く集まったところから橋の号となったようです。


 「日本書紀」の仁徳天皇14年11月の条に「猪甘津(いかいのつ)に橋為(わた)す。即(すなわ)ち其の處(ところ)を號(なづ)けて小橋(をばし)と日う」と記されている「猪甘津(いかいつ)の橋」がつるの橋であったのではないかといわれています。
 猪甘津橋は百済川(旧平野川)に架けられた橋で、文献に出ている橋では日本最古のものといわれています。


 つるの橋は、旧桃谷街道・鶴橋街道が旧平野川に渡る地点に架けられ、古くは河内・大和への交通の要所だったようです。現在の平野川の開削によって、昭和15年に廃橋となりました。
 橋のあった場所(桃谷3丁目17番街区)には、昭和27年に記念碑が建てられ、碑の周りにある4本の石柱は、当時の石橋の親柱を保存したものです。

つるの橋跡/写真

コリアタウンマップ   御幸通商店街、御幸通中央商店会

Go To Travel キャンペーン

開始時期:7月22日(水)から先行してスタートし、地域共通クーポンは9月/1日の開始予定。

期間: 6ケ月程度

内容:旅行会社や旅行予約サイト等を通じてキャンペーン期間内に旅行を購入した人を対象に、旅行代金の半額(日帰りは1名あたり1万円、宿泊は1名1泊あたり2万円が上限)が補助されます。

◆注 意
申請して現金として戻ってくるのは、旅行代金の35%引きです。50%ではありません。

また、現金控除分は14000円が上限です。20000円ではありません。

10万旅行費ー35%引き=65000円!ではありません。

4万円旅行費ー35%(14000円)=26000円です。

*申請は8月14日以降

そのうち7割が旅行代金の割引に、3割が地域共通クーポン(旅行先での飲食や観光施設、地域産のお土産に使える予定)として付与されます。

交通費等:旅行代理や旅行予約サイトを通じて宿泊と交通費やアクティビティの料金がセットになっている場合は割引対象になります。

地域共通クーポン:1,000円未満を四捨五入しての発行になります。

KAZU1000